【浮気相手とどのように知り合うことが多いか?男女別傾向と最近多い事例】

男女で異なる浮気のきっかけ

 

浮気調査におすすめの探偵社リストを見る

 

浮気の相手とはどのように知り合うことが多いのでしょうか?

 

これについて知っておくと相手を推定するのに役立つし、予防警戒もしやすくなります。

 

下記はある探偵社が調べた調査データ。

 

男女別に傾向の違いがみられます。

 

「浮気の相手」調査データ

順位 男性 構成比 女性 構成比
1位 会社の同僚、上司、部下 33% 友人、元カレ、同級生、同窓生 28%
2位 出会い系サイト 25% 会社の同僚、上司など 26%
3位 友人、元カノ、同級生、同窓生 15% 趣味関係(習い事、スポーツジムなど) 16%
4位 お店関係(キャバクラ嬢、風俗嬢) 11% 出会い系サイト 14%
5位 趣味関係(スポーツジムなど) 9% 子供の父兄 7%
6位 その他 7% その他 9%

 

職場が大きな出会いの場であるのは男女に共通しています。

 

他の機会としては、男性では出会い系やプロのお店が大きな比率を占めるのに対し、女性では友人・知人がトップを占めています。

 

「子供の父兄」が女性では上位に上がっているのに、男性では上がっていないのも興味深い。

 

親同士で均等に不倫が盛んなわけではなく、ごく少数のモテる父親が他の子のママを食いまくっている状況を表していると思われます。

 

同窓会の再会から浮気が始まるケース

同窓会の後から不審な行動が始まり、探偵に浮気調査を依頼するケースが増えています。

 

特に女性の場合は、上のデータで見るようにかなり要警戒です。

 

「ちょっと昔の友達と逢ってくる」「久しぶりの同窓会で」という時は快く送り出してあげたいものです。

 

しかし、その後の変化には注意すべきだということを意味しています。

 

疑いが出てきたら、早めに真相を明らかにして消火に回った方がいいでしょう。

 

パートナーが真剣になってしまったり、あなたが心を病んでしまったりする前に。

 

スポーツジムで知り合って浮気が始まる.…

これも非常に事例が増えているので、知っておいてほしいです。

 

今日ではスポーツジムだけに限らず、多種多様な習い事やスポーツに大人が参加するようになっています。

 

習い事といえば、昭和の時代は女性の方が多かったです。

 

しかし、今は男性もそういう活動をする方が多いし、年配の方も増えています。

 

それ自体は、人生をいつまでも若々しく送るために結構なこと。

 

しかし、仕事以外の趣味やスポーツに男女で興ずるのは、新鮮で興奮する体験です。

 

いくつになっても恋が生まれてくる可能性はあります。

 

ジムや教室に通うようになってから不審な動きが増えたようなら、この線は疑ってみる必要があります。

 

浮気調査におすすめの探偵社リストを見る