【浮気調査の方法・費用・おすすめ探偵事務所】

自分で調査すべきか?探偵に頼むべきか?

↓↓現在、割引クーポンが出ている大手探偵社があります。↓↓

浮気調査におすすめの探偵社リストを見る

 

浮気の兆候、浮気調査の仕方、浮気調査のメリットなどについて紹介しているサイトです。

 

浮気をされているのでは?という思いが頭から離れなくなっているあなた。

 

このサイトを読めば、どう行動するのか、心が決まると思います。

浮気の兆候

浮気の兆候は、行動、服装、趣味、携帯・スマホ、パソコン、車などに現れます。

行動
  • 残業、出張、接待が増える
  • 休日の友人との外出が増える
  • 帰宅後、すぐ入浴するようになった
  • 夫婦生活の回数が減った
服装
  • 以前は無頓着だったのにおしゃれになった
  • 贈った覚えのないアクセや小物を持っている
趣味
  • 若い世代の音楽や新しい映画に詳しくなった
  • 夜景スポットやスイーツに詳しくなった
携帯・スマホ
  • 家の中で携帯・スマホを持ち歩くようになった
  • 携帯にかかってきた電話に出なくなった
パソコン
  • 出会い系、デートスポットの検索歴が残っている
  • シートの位置がいつもと違う
  • 女の髪の毛が落ちている

 

女性の勘はいいもので、疑念を抱いたケースの8割はクロだといいます。

 

男性はそれに比べて気づくことがはるかに少ないですが、おとなしそうな妻も浮気をしていることはあります。

 

子供も生まれたばかりでまさか、というような状況で妻がクロということもあります。

 

浮気が判明した時、どうするつもりなのか?

兆候も心当たりがあって、気になってしょうがないなら、調べるしかありません。

 

放置すれば、あなたの精神が病んでいくでしょう。

 

しかし、調査の結果、浮気が判明した時、最終的にどうしたいのか?は早い時期からよく考えておくべきです。

 

ある探偵社の統計では、次のようになっています。

 

浮気調査の目的(実際のデータ)
  • 離婚請求    38%
  • 慰謝料の請求 28%
  • 事実確認  25%
  • 話し合いたい  9%

 

最初は「とにかく真実を知りたい。後のことはわからない。」という方も多いです。

 

浮気が判明した後の方向性は次のどちらかになります。

 

  1. 事実を確認した上で、関係を修復したい。
  2. 離婚したい。慰謝料、親権、養育費などの法的交渉も視野に入る。

 

離婚や慰謝料が絡む場合、話し合いで決着がつかなければ、裁判にもつれこみます。

 

ということは最初から裁判で証拠能力を持つ、法的に有効な「浮気の証拠」をつかまなければならないということです。

 

曖昧な証拠では、相手も離婚に応じず、慰謝料も取れないということになる危険があります。

 

仲直りしたいと思っている人も、調査する以上は間違いのない証拠をつかむべきです。

 

浮気がはるか昔から続いていたとか、浮気相手に致命的なほどのめりこんでいることが分かった場合、気持ちは一気に冷めることもありえます。

 

仲直りしたいと思っていたが、やはり離婚に傾いた、離婚する以上は慰謝料、となった時、中途半端な調査では後悔することになります。

 

法的に有効な浮気の証拠とは?

  • ラブホテルへ二人で出入りする顔が鮮明に撮れている写真
  • 相手宅に長時間滞在した前後の顔が鮮明に撮れている写真

代表的なのはこの2種類の写真です。

 

とにかく「人違いはあり得なくて、男女関係以外もあり得ない写真」が証拠になります。

 

面識のある人間が撮影するのは非常に難しいです。

 

現場に乗り込んで証拠をつかむのは、家宅侵入罪や暴力沙汰の危険もあります。

 

あなたが調査して証拠がつかめるか?

確実に証拠を押さえたいなら、浮気調査を自分自身でやることは避けるべきです。

 

まず、よく知っている人間が尾行すれば高い確率で感づかれます。

 

親しい人は顔を隠しても全体の姿かたちの印象から遠目にも誰かわかるものです。

 

また、サングラスと帽子といった変装ほど怪しくて目立つものはありません。

 

そんな変装による尾行は安っぽいテレビドラマの中にしか存在しません。

 

シャッターチャンスは夜が多く、接近して撮るのは高いスキルと隠しカメラが必要です。。

 

素人が普通のカメラで、被写体個人を判別できる顔の鮮明な写真を撮るのはほぼ不可能でしょう。

 

そしてひとたび失敗して感づかれたら、相手は警戒して、隠ぺいに注意を払ったり、フェイントをかけてきたりします。

 

そうなってからではプロでも証拠をつかむのは至難の技です。

 

調査に時間と手間がかかり、費用も跳ね上がることになります。

 

それだけならまだしも、逆上した配偶者や浮気相手による暴力沙汰に巻き込まれる危険もあります。

 

動かしようのない証拠をつかみ、その後のプロセスもスムーズに進めたいなら、最初からプロに頼むべきです。

 

浮気調査の依頼者

依頼者で一番多いのはもちろん配偶者です。

 

しかし、他の2ケースもよくあります。

 

「私が頼むのはおかしくないか?」などと心配せずに、気軽に相談してみればいいのです。

 

配偶者 離婚・慰謝料・親権などの法的交渉の証拠品として報告書を求めてこられることも多い。
家族 娘婿の浮気癖がひどく、親としても、また孫の将来を考える上でも心配。真相を明らかにしてきちんとさせたい。例えばそういう方は少なくない。
恋人 婚姻関係でなくても調査は可能。(DVやストーカーの危険が想定される場合は無理。)

 

↓↓現在、割引クーポンが出ている大手探偵社があります。↓↓

浮気調査におすすめの探偵社リストを見る

プロの浮気調査の実際

では、プロの探偵に浮気調査を頼んだ場合、自分がやるのとどう違うのか?

 

ざっと見てみましょう。

 

プロ探偵の浮気調査のやり方

まず、徒歩尾行は最低2人の調査員がチームになって尾行します。

 

単独での尾行は極めて失敗率が高いです。

  • 一人では長時間の張り込み中、トイレにもいけない
  • 徒歩尾行中、ターゲットがUターンしてきた場合、自分もUターンするわけにはいかないのでまっすぐ歩き続けるしかないが、この時に見失いやすい。
  • 一人ではホテルの複数の出口を見張ることは不可能
  • 同じ人間がずっと尾行すると感づかれやすい。交代することで気づかれる確率が下がる。

 

低料金で単独尾行を請け負う探偵社はアマチュアか、金さえ取れれば結果が出なくてもいいと思っている業者ですから避けましょう。

 

徒歩尾行はスキルの必要な行動で、プロ探偵は感づかれにくいコツ、感づかれそうになった時に回避するコツをよく心得ています。

 

車両尾行の場合も2台以上の車を使い、バイクが加わることもあります。

 

全車が無線で連絡を取り合い、連携して行います。

 

真後ろにつけるとすぐ発覚するので、間に1台以上の間隔を置きます。

 

しかし間をあけるほど見失いやすいので、技術とチームの連携が重要になるわけです。

 

浮気調査のアウトプット

調査の結果は調査報告書として手渡されます。

 

被写体個人が疑いなく判別できる、顔が鮮明に映った浮気現場の写真が貼られています。

 

ターゲットがどのように行動し、いつどこで撮影されたかも克明に記されています。

 

そのまま裁判所で証拠として使ってもらえる、きちんとした報告書です。

 

素人が調査した場合、調査報告書のまとめ方もわからなくて困ることが多い点です。

 

探偵社の浮気調査の相場

目安として調査員2〜3名で3〜5日程度の調査を行うと、30〜80万円くらいです。

 

もちろん勝負日を指定できれば、コストは大幅に下がります。

 

「この日のこの時間、この場所で確実に二人が会うので、狙ってください」とピンポイントに指定することです。

 

単日の調査でも10万円くらいはかかるものと考えてください。

 

逆に出張旅行の機会を狙って、飛行機や新幹線を使った大規模な移動を伴う調査をすれば、費用はかさみます。

 

その場合、全国に拠点を持つ大手探偵事務所の方がもちろん有利です。

 

料金体系は最初の見積り額を原則として超えない仕組みから、あとからどんどん請求が加算されていく仕組みのものまでいろいろあります。

 

最初によく話し合って、料金についてしっかりした合意をしておくことが重要です。

 

 

 

浮気調査におすすめの探偵社ランキング

原一探偵事務所

全国に18拠点を展開する大手で、多少なりとも世間に知名度がある業界で唯一の企業と言ってもよいでしょう。

 

調査力では間違いなく業界トップです。

 

基本料金50%OFFクーポン

クーポン

現在、原一探偵事務所が当サイトに上記のクーポンを出してくれています。

 

クーポンを見たというと基本料金が半額になります。

 

ただし、電話番号がクーポン識別番号を兼ねており、下記リンク先で表示される電話でないとクーポンが効かないので注意してください。

 

365日24時間対応で、相談は無料なので、気軽に電話してみましょう。

 

原一探偵事務所・クーポンの効く連絡先はコチラ

 

イチオシの理由

  1. 創業42年の信用とメディアでの知名度。
  2. 料金が明快で、事前の見積もり以外の請求がない
  3. 全国17支所の業界トップクラス大手
  4. 探偵のスキルと人数・100台以上の自社車両など装備力もトップクラス

 

通称「ハライチ」のこの探偵社は、TBS等の人探し・詐欺解明ドキュメンタリー番組への協力で有名です。

 

テレビで繰り返し(1回きりでなく)社名が出ている探偵社は多分ほかにはないと思います。

 

調査技術・装備力が一流な上、料金システムも誠実です。

 

他社は事前に予告のない費目をあとからどんどん請求するところがあります。

 

機材代・録画媒体料・車両代・ガソリン代・報告書作成費・成功報酬…などなど。

 

浮気調査が進行しているのに途中で止められませんから、依頼者は相手の言いなりで支払うしかなくなります。

 

実費請求のレベルを超えて、当初見積もりの何倍も請求する探偵社があるので注意してください。

 

原一探偵事務所はこれらの経費が込みで、最初に提示した以上の金額を請求しないところが信頼されています。

 

原一探偵事務所の詳細研究サイトはコチラ

その他のおすすめ探偵社

探偵業界は大手は数社で、零細な業者が独立しては消滅している世界です。

 

当サイトでおすすめできるしっかりした興信所としては、他に次のようなところがあります。

 

HAL探偵社

原一よりは少ないが、それでも全国11拠点というのはトップクラスの大手。

HAL探偵社 公式ページはコチラ

Fujiリサーチ

全国4拠点。フジテレビ「ハンゲキ」「アゲるテレビ」「とくダネ!」などの番組内で調査・捜索に協力している。

Fujiリサーチ公式ページはコチラ